ルームシェアとは
ここ数年、「ルームシェア」という言葉をよく耳にします。若い年齢層を中心に注目を集めていますが、一体何のことでしょう?一軒家やいくつかの部屋があるアパート、マンションなどに2人以上で同居するスタイルをルームシェアといいます。より具体的に言うと、一般的には家族や親戚、彼氏・彼女以外の人と一緒に住むことになります。まったくの他人同士で、文字通り「部屋を共有する」ということですね。 また、恋人同士のシェアについては、次の項目でも触れていますが、私個人の考えでは厳密に言うとルームシェアの対象には含まれないように思います。



auto-r54mHV.jpg

定義

ルームシェアの定義って、何なのでしょうか?海外では一般的でも、日本での歴史はまだごく浅いものです。そのため、ルームシェアの定義は確立されていませんでした。ただ、「姉妹や兄弟で住む」というスタイルは、無意識のうちに昔から続いてきました。このほか、広い意味では彼氏・彼女と同居することもルームシェアと言えるのかもしれません。最近は、気心の知れた友人同士で少し広めの部屋をシェアする人が増えています。このように昔に比べて、ここ数年でルームシェアの定義もだいぶ変わったように思います。友人同士だけではなく、インターネットを使ってルームメイトを募集して、その人と一緒に住む…というのも人気です。今、ルームシェアといったら、「まったくの他人との同居」というイメージが強いのではないでしょうか。

ルームシェアに対する興味

みなさんは、ルームシェアに興味がありますか?興味があって実際にしている人、今着々と準備を進めている人、興味はあるけど一歩が踏み出せない人、まったく興味のない人など様々でしょう。あるアンケート調査では、回答者の約半数がルームシェアに興味があると答えています。テレビドラマでは、主人公がルームシェアしている設定だったり、ルームシェアそのものがテーマになっていたり、またテレビの情報番組や雑誌などでも特集されていたり…。その言葉自体も、だいぶ定着してきましたね。ルームシェアしてみたい!という人の意見としては、仲のいい友人との同居は楽しそう♪というものもあれば、一人暮らしよりも生活費がかからないといった切実なものも挙げられます。最近は、不況の世の中も手伝ってか、後者のような考えを持つ人が増加しています。確かに一人暮らしよりは経済的で、かつ共同生活も楽しめる点に魅力がありますよね。



af0100000014l_1.jpg